システム運用やシステム保守の仕事とは

システムに関わる仕事には様々な種類があるが、システム運用やシステム保守も重要な役割を担う。システムというものは、開発したらそれで終わりというわけではない。そのシステムが安定して稼働を続けるためにも、システム運用やシステム保守が必要となる。一般的にはシステムの稼働に合わせて、開発者からシステムの内容や運用方法について引き継ぎを行う。

システムが本稼働したら、サーバーやネットワークなどがダウンしていないか常に監視し、トラブルを未然に防ぐことになる。万が一システムにトラブルが発生したら、いち早く原因究明と復旧作業を担当し、できる限りサービスの停止時間を短くしなければならない。また、システムの稼働を続けていくと、更新プログラムを導入する必要が出てくる。この作業も、システム運用の担当だ。

中には、システム運用とシステム保守の大きな違いについて疑問に感じる人が多い。システム運用では、日常的にシステムを稼働させるためのルーティンワークがメインだ。運用方法の改善点を見つけて、マニュアルを更新することも重要な業務である。一方、システム保守はトラブルが発生した際の改善作業や新しいシステムの導入などがメインだ。

このように役割は少し異なるが、システムを利用するならどちらも必要な仕事なので、求人需要は高いだろう。特に、企業のシステム部門では、システム運用やシステム保守の担当者を募集していることがある。また、インフラエンジニアの仕事の中には未経験可の案件もあり、チャレンジしやすい。